オリジナル小説 中編・短編

元日本人の召喚士

 魔王の出現により、人類滅亡の危機が迫った世界があった。
 暴虐の限りを尽くす魔王は森を燃やし島を破壊し海を割る、そんな強力な力によって世界中の人々を苦しめた。
 魔王討伐を目指した多くの人たちは、返り討ちになって次第に抵抗する人も少なくなり打つ手は無くなっていった。
 そんな中、唯一の可能性かもしれない希望となったのが勇者の召喚だった。魔王を打ち倒せるのは、勇者だけ。その言い伝えの発見により勇者召喚の儀が執り行われる運びとなった。
 そして勇者召喚の儀を任されたのは、賢者として王国中に名を知られる召喚士のジオンだった。

 

処刑から始まる私の物語

 公爵令嬢として生まれ変わった私は、前世で遊んだ事のあるゲームについて思い出していた。そのゲームと今の状況が驚くほどに一致していて、そのゲームの通りならば、私の2度目の人生は15年で終わってしまうかもしれない。
 私は生き残るために色々と計画し、準備してきたけれど、結局は身に覚えのない罪を被せられて拘束されてしまう。
 最後の手段として、私は身代わりを用意して処刑の日に死を偽装して生まれた国から逃げることにした。

 

あべこべな彼女

 ある日の昼休み、彼女は突然教室にやってきてこう言った。
「放課後ちょっと付き合って」

 

人生ハードモードのクリア特典

 苦難の人生を送った主人公は、人生を全うする。そして、ハードモードの人生クリア特典として美貌、運、そして頭脳の強化を受けて転生する。そして紆余曲折あって、元貴族の奴隷、婚約破棄された令嬢、そして召喚された勇者、流行りのテンプレ設定のようなヒロイン達と一緒に生きて行くことに。

 

VRMMOの育成シミュレーションゲーム

 VRRMOの育成シミュレーションゲーム「ユートピア」にいつの間にかログインしていたと思ったら、ログアウトできないようになっていた。しかも、いつもと少し違った状況になっていて……。

 ログアウトできないしと考え、いつもの様にゲームをプレイするようにキャラクターを育成することにした主人公。その結果、世界中から注目されることになる。

 

前世勇者のアイドル活動

 前世に勇者をしていた、主人公の加賀健介は現代へと転生していた。そして、現代でも魔王が生まれるのではないかと懸念して、アイドル活動を行いながら魔王討伐の為の準備を進めるのだった。

 

いまさら言っても覆せない

 学園で行われたパーティーの途中、王子から突然に婚約破棄を言い渡された令嬢。彼女は、婚約破棄を受け入れて学園から去って行った。それからしばらく経った後、彼女の住む館に王子がやって来た。

 

気がつけば貴族!

 気がついた時、俺の身体は醜く太った身体になっており、見覚えのない男の顔になっていた。しかも、知らぬ名前で呼ばれるようになり、何故か俺は貴族の息子という身分になっていた。

 

異世界探査任務報告

 突然、異世界から世界を救うためにと召喚された主人公。しかし、彼にとっては突然だったはずの出来事だが、そう思わせない程に落ち着いて対処していた。なぜなら、彼はあらかじめ召喚されることを知っていたから。そして彼には、ある目的のために異世界へとやって来る必要があり無事に現代へと戻るまでが彼に課せられた任務だった。

 

派遣受付嬢による冒険者ギルド立て直し

 派遣受付嬢という仕事をしているマリベル。各地にある冒険者ギルドの受付視察と業務改善をすることが、彼女に任されていた職務だった。

 

婚約破棄に至る病

 卒業記念パーティーの最中に、ディートリヒ王子から婚約破棄を告げられるオリヴィア。しかし、彼女が最初に取った行動は婚約破棄を嘆くことでもなく、王子の近くに寄り添っている女性を責めることでもなく、医者を呼ぶことだった。

 

絶望に至る病

 婚約破棄を告げたディートリヒは、精神病を疑われて治療のために地方へと連れて来られた。

 

 

top