第03話 少しずつ起こる変化

 相変わらず、空いた時間にコツコツとスマホを片手に持ってゲームをプレイし続けている僕は、そのゲームに登場する主人公のステータスをどんどんと育成し上げていく、レベリングを行っていた。

 自分はテストプレイヤーとして選ばれたことによって、このゲームをプレイできているけれど、世間にはまだ制作発表すらされていない様子で、情報が全然出回っていない。なのでネット上には、攻略に関する情報ももちろん出回っていないので、自力で攻略していく方法を見つけて考える必要があった。

「こんなに手探りでゲームをプレイするのは、久しぶりだなぁ」
 ゲームをプレイしながら僕は、そう呟いた。

 基本的には、ゲームをプレイするにあたって序盤は攻略情報を極力見ないようにする僕だったが、ある程度ストーリーを進めていくと効率や隠し要素が気になってネットで調べてしまう。そして、集めたネット上で集めた情報を頼りに最短のエンディングルートを辿って最速でクリアしてしまう。

 つまらないと感じるようなゲームだったら、時間を掛けずにサクッとクリアできるので良いけれど、じっくりプレイして世界観に浸れるような良ゲーでも僕は同じようにプレイしてしまうのが難点だった。

 けれど、今プレイしているスマホゲームはネット上をいくら探しても攻略情報は手に入らなかったので、強制的に自力で攻略していく方法が強いられている。久々の手探り感覚に、なかなか楽しんでプレイできていた。

 今まで人生の中でプレイしてきたゲームのノウハウを頼りに、まずはメインストーリーを進めるよりも先に、主人公の育成を最優先に進める。生存率を上げるために、生命力と防御力の2つに焦点を絞ってステータスを上げる育成プレイをメインとしていた。

 それから、一気にレベルを上げることが出来る、装備すると経験値アップする武器がガチャで運良く手に入ったので、それも活用して一気に高レベルを目指して頑張る。
 ガチャによるレア武器の入手確率については分かっていないので、この手に入れた経験値アップ武器がどれだけレアなのかは見当がつかないけれど、かなり主人公のレベルアップに役立っていて育成も楽になっているので、自分的には当たりだと感じていた。

 こんな風にして、僕はスマホゲームに夢中になって連日続けてプレイを繰り返していた。

 

***
 

 スマホゲームに熱中していた僕は、実のところスマホゲームだけをプレイするのではなく、実際は他のゲームも日頃から楽しんでプレイしていた。

 ゲーマーとして数々のゲームソフトをプレイし消費して、自分なりの価値観を持ってソフト選びから楽しんでいたのだ。中には、プレイしたのを後悔するほどの外れだと感じるゲームソフトに当たった事もあったけれど、それ以上にプレイして楽しめるゲームに出会うことが出来ていたので、今も相当数のゲームを毎日のようにプレイし続けているのだ。

 食事の時間と睡眠時間、そして学校に行っている時間以外は全てゲームをプレイしていた。時間にすると、平日は8時間ほど。休日には、12時間以上もプレイしている事がある。

 世間では空前のオンラインFPSゲームのブームが起こっていて、対人戦が非常に盛んだった。そのブームに僕も乗っかって、幾つかFPSゲームを購入してプレイしていた。

 新作のゲームを買うのには、毎月親から貰っているお小遣いだけでは足りない。なので、今年の正月に貰って貯金しておいたお年玉と、既にプレイし終わったゲームをまとめて中古で売って、お金を用意してから新しいソフトを買う。

 このようにして集めた僕が使えるお金には限度があるので、つまらないゲームを掴まないように購入前は情報収集を怠らずに選んでいる。その結果、今回はかなり満足の行く一品をゲットできたので、購入ししてから一ヶ月経った今もプレイを楽しめている。

「徐々に勝率が上がってきた。お、新しい実績を解除」

 マルチプレイで進行していく、オンラインのFPSゲーム。普段はあまりプレイしていなかったジャンルであり、FPSゲームに慣れるまでのプレイし始めの頃は、僕は毎日のように連敗を繰り返していた。

 けれど、それからしばらくしてゲームの操作を覚えてシステムに慣れ始めたら、ぽつぽつと勝てるようになって、今では勝ち越せる程に勝率が上がってきていた。

 今日は、なんと5連勝してゲームの新しい実績も解除できた事もあって、僕の気分は非常に良くなっていた。夕食の時間を挟んで、その後もゲームをプレイして連勝が続いた。最終的には、10連勝という結果を得ることが出来た。

 今までの僕では、出来ても3連勝が限界だったのに、ゲームに慣れたおかげか、それとも調子か運が良かったおかげか、今日は10連勝することが出来た。これが実力ならば、自分でも信じられない成長ぶりだった。

 その夜は、ゲームで勝てたことで非常に気分を良くしたまま僕は寝床へと入り、静かに就寝した。

 

***

 

「おはよう、りゅう。朝ごはんできてるわよ」
「うん。おはよう、母さん。いただきます」

 僕はいつものように、目を覚ますとパジャマ姿で部屋を降りてきて洗面所へと向かい顔を洗って、それからダイニングルームヘ来て朝食を済ませる。

 すると、パンを食べている途中に母親が家事をする手を止めて、それから僕をじっと見つめていることに気づいた。

「? どうかしたの、母さん」
「うん、そうねぇ。りゅう、ちょっと立ってみて。背が伸びた?」

 気になって僕が問いかけると、母さんは何かに納得したように首を縦に振って、そう言いながら食事中の僕に近づいてきて、パンを食べている途中なのに席から立たされてしまった。

「確かに、ちょっと背が大っきくなったかな」
 母親に言われて立ち上がってみると、初めて自分の目線の位置が高くなっていることに気がついた。そう言われれば、ちょっと背が高くなっているような気がする。

「りゅうは、成長期ね。それより、このまま大きくなったら買ったばかりの制服がすぐに着れなくなるかも」

 僕と背比べをしていた母親は、そんな心配事をしていた。まだまだ、制服を着た心地には余裕があるので大丈夫だろう、と考えていた僕の予想は、すぐ1ヶ月後には間違いだと感じさせられるほど、僕はぐんぐんと成長していった。

 偶然にも、僕の背が伸びだしたのはスマホゲームをプレイし始めてからだと気づいたのは、身長が180センチメートルを超えた後の事だった。

 

スポンサーリンク

 

 

第02話 ゲームの内容

「ゲームは普通に起動した、か」

 覚えのない新作ゲームのテストモニターに当選した、というメールを受け取ってから1週間。応募した記憶もないので、怪しさを感じた僕は一時は無視しようかと考えていた。しかし、新作のゲームという魅力に引き止められてしまい、結局は自分のスマホにインストールをしてプレイを始めていた。

 今は学校が終わって、自宅にまっすぐ帰ってきて自室に居る。ベッドの上で寝転びながら、スマホを弄り、新作のゲームらしいソレを弄っていた。

「見たところ、普通のスマホゲームみたいだ」

 起動してすぐに、ゲームのタイトル画面がスマホに映った。緑の草原と灰色の山々に囲まれた場所で、画面中央には主人公と思われる男性がファンタジーな服装を着込んで、大剣を構えた絵が表示されている。
 それから、画面上部に大きくタイトルロゴがババンと主張している。

 メールに記載されていたタイトルと異ならず同じで、ようやくスマホにインストールした新作ゲームが本物なのだろうと確証を得て、ホッと一息つく。
 最悪の場合は、スマホのデータを強制的に消去して故障し使用不可になるのではなかろうか、という心配までしていた僕は無事だったことに大きく安堵していた。

「じゃあ、早速プレイ開始」

 独り言をつぶやきながら、右手の人差し指で画面をタップ。タイトル画面から次のシーンへと移り、オープニングのシナリオが開始された。

 ゲームがスタートすると、現代日本で暮らしていた主人公の男子学生が異世界召喚されて、ファンタジーな世界に迷い込む、という導入から始まった。

「この男子学生が主人公、という訳か」

 名前入力画面が表示されたので、僕はよくゲームをプレイする時に使用する”リュウ”というアカウントネームを入力する。すると画面の中に表示されている彼が、リュウと名乗った。

 そんな主人公は、僕と同じ高校一年生の16歳だと自己紹介をしていた。更には、学校の雰囲気に馴染めずに友達が少なく、灰色の青春を送っているとモノローグで語られている。

「なんだか、親近感が湧くなぁ」

 自分と同じ年齢で、同じような環境に置かれているらしい主人公を身近に感じながら、ゲームを進めていくと、主人公のリュウは召喚されて見知らぬ場所に連れてこられていた。

 そして、召喚主であるとい自己紹介を始めた王女に説明され、主人公が召喚された世界の現状について知ることになる。

 その世界は何年もの間、魔王の脅威に晒されていて人類は滅亡寸前まで追い詰められたという。
 しかし、最後の人類の希望を託して勇者の召喚を執り行ったらしい王女。その結果、主人公のリュウが召喚されたという。戸惑う主人公に、すがりつく王女。

「なるほど、シナリオは結構オーソドックスな感じっぽい」

 初プレイで感じた、ゲームに対しての率直な感想を口にする。ただ、オーソドックスなシナリオが、退屈に感じたわけではなく、キャラクターデザインやシーンごとの一枚絵が丁寧に書かれていてプレイするのに飽きさせない、すごく面白そうとワクワクさせてくれるような期待感があった。

「ここから、スマホゲームって感じだな」

 主人公は王女に説得されて、魔王と対決することを決意。そして、主人公の戦いを支援するという理由でガチャシステムが始まり、10個のアイテムがランダムに手に入った。

 ガチャの結果については、まだプレイしたばかりで効果の程度や良さが判断できないけれど、見た目だけで判断すると良さそうな結果に感じる。

「ガチャは、キャラクターを集める方式じゃなくて、アイテムがメインになるのか。それで、この集めたアイテムを使ったりして主人公を強くしていく感じかな。最終目的は、主人公を育てて魔王を倒すことみたいだ」

 アイテムの詳細を確認してみると、装備して主人公の能力を上げる武器やアクセサリー、消費して各ステータスを上げていく消耗アイテム、それから、主人公の拠点となる場所を強化していくのに使うらしい資材など、このゲームは全体的に育成メインとなるようなゲームとなっているらしい。

 オープニングのシナリオが終わって、ゲームの操作が自由になる。

「なかなか面白そうだし、プレイを続けよう。まずは、ゲームの進め方の作戦を決めようかな」

 僕は、プレイし始めたこのゲームをだいぶ気に入って、しばらく続けて遊んでみようと決めていた。そう考えて、ゲームのヘルプから読み込み、このゲームに存在する各システムについて理解を深めてから、ゲームの進め方の計画を立てていく。

 効率よく主人公を育てていくには、どうするのか一番か。初動を大事にして、慎重にゲームのプレイを続けていった。

 

***

 

「竜児、ごはんよ!」

 階下から母親の呼ぶ声が聞こえて、僕はようやく部屋が暗くなっていることに気がついた。だいぶ集中してゲームをプレイしていたらしくて、知らない間に結構な時間が過ぎていた。

「わかった、いま行くよ!」

 母親に返事をしてから、スマホの画面に視線を戻してゲームの画面を確認する。最初は、不安に感じていたけれど、やっぱりプレイしてみて良かったと感じていた。まだ続きが気になるけれど、母親の準備してくれた夕食を食べないといけない。

 僕は、なんとかゲームを終了させてスマホの電源を落とし、階下に降りて夕食をとることにした。こうして、徐々にこの新作ゲームの魅力に取り憑かれていった僕は、一日一回は起動してプレイする習慣が身についてしまった。
 
 それから、このゲームは普通のスマホゲームではなく、僕は色々な現実への影響について実感していくことになるのだった。

 

スポンサーリンク

 

第01話 そのゲームとの出会い

 僕の名前は、鈴木竜児。今年の春に、高校一年生になったばかりの16歳だ。何の変哲もないよくある鈴木という名字に対して、似合わないぐらいにかっこいい名前を両親から付けられた僕は、そんな名前のギャップを初対面の人によくイジられていた。

 けれど、それ以外には特筆するような特徴もないような僕は、平凡そのものという人物だった。

 勉強に関して言えば、テスト結果が順位の上位には入らないけれど、赤点も取らない程度という、良くも悪くもない位置に居た。運動神経も、注目をあびるような才能は無かったし、かと言って鈍くさくもない並程度。容姿も優れた感ではなく、人から貶される事は無いけれど、注目を浴びたことも無かった。

 それなのにコミュニケーションは少し苦手としていたので、学校でも入学式から暫くの間で友達のグループの中に入る機会を逸して、高校生の友達がほとんど居ないような状況。けれど、イジメに遭っているわけでもなくて、ただクラスの空気に馴染めていない具合だった。

 そんな僕の趣味は、テレビゲームをプレイすることだった。だから、学校でも部活に入らずに、授業が終わった放課後はすぐに帰宅して、自室に篭ってゲームを遊んでいる帰宅部というわけだ。こんなマイペースだからこそ、高校生の友達が少ないのかもしれないが……。

 このように僕のキャラクターは静かで、今までの暮らしも人並みで取り立てて話すような事件もなく、平凡そのものだっだ。だがしかし、僕のありふれたような人生が少しずつ、しかし確実に変わっていく出来事が起こった。それは……。

 

***

 

「おはよう」
「あら、起きたのね。朝ごはん食べなさい」
「わかった」

 昨夜遅くまでFPSゲームをプレイしていた僕は、寝不足で頭が働かないボーっとした様子のまま、二階の自室から家のダイニングルームへと降りてきた。そこには、エプロンを付けた母親が朝食を用意してくれていて、僕に早く食べるようにと促してきた。
 そんな母親の言葉に、僕は素直に返事をして席に着く。

 僕ぐらいの年頃は、反抗期で両親の言うことを意味もなく否定するような事があるらしいけれど、何故か僕は特に反抗するような感情は起きずに、ただただ素直だった。そんな様子だから、手のかからない子供で助かる、と母からよく言われていた。

 サラダをパクっと行って、パンを食べて、コーンスープを口に流し込む。食べ終わったお皿から、順々に母親がテーブルの上から取って台所に持って行き、洗剤で綺麗に洗っていく。

 母親は僕が朝食を取る前に食事を済ませていて、せわしなくお皿を洗ったりして家事をしている。父親も、僕が目覚めるよりも早く朝食を済ませて家を出ている。そして僕は一人っ子だったので、いつも朝は一人だけでテーブルについて、母親から見守られ促されるまま朝食を取るのが日常だった。

 そんなゆったりとした感じで、朝を過ごして脳が働き始めたら学校に行く。自宅から徒歩で約15分という、近辺にある公立高校だ。クラスメートの中には、電車通学やバス通学をしている人も居るらしいから、その人達に比べると通学はだいぶ楽だった。

「山田くん、おはよう」
「あ、うん。おはよう」

 自宅から一直線で学校に来る。教室に入ると、中列の少し後ろの方にある自分の席に脇目も振らずに向かう。席に座るとすぐ、右隣前の机に座っていたクラスメートの男子が、背中をグイッと振り返って朝の挨拶をしてくれた。
 それなのに僕は突然の声に思わず、無愛想な返事をするだけで黙ってしまった。

 コミュニケーション能力が高ければ、そのタイミングで声を掛けてくれたクラスメートと話を始められたのかもしれないが、僕が返事をした次の瞬間には声を掛けてくれた彼は、既に他のクラスメートとの会話に移っていて、機会を取り損ねて僕は黙り込んでしまった。

 そして無言のまま自席に座り、先程の挨拶で声を掛けられた時にどう返事するのがベストだったのか、今更になって頭を悩ませながら授業が始まるまで黙って、ただ黒板をボーッと眺めながら、考えるのだった。

 教科ごとに、高校教師が代わる代わる授業を行っていく。僕は、先生の話を耳に入れながら板書された文字を、自分のノートに書き写していく作業に集中した。

 授業中は、真剣な気持ちで先生の話を聞く時もあれば、授業とはまったく関係の無い事で頭を悩ませていたり、板書されたモノをノートに書き写すのだけに集中して、授業の内容を意識を集中させないまま気の抜けた状態で手だけを動かしたり。

 人生の目標があったならば、もう少し気持ちを集中させて授業を受けていたのかもしれないけれど、僕には特に目指すべき夢は持っていなかった。ただ、毎日を集中力を半分程度にして過ごすだけだった。

 授業が終われば、部活動があるクラスメートはさっさと教室を出ていき、他にも何かしらの用事がある人が同じように教室を出て行く。何人かは残って、教室の中央に友達同士で集まって会話を始め、盛り上がっているようだった。そんな様子中、僕には関係ないと黙って黙って出ていく。

 それから校舎を出て、部活動を始める準備を進めている部活動生たちの様子を横目に見ながら、僕も何か部活に入ったほうが良かったかもしれないなと、少し後悔の気持ちを抱いたりしながら、校門をゆっくりと歩き出て行く。そんなこんなで、15分後には家へと到着。

「おかえり、竜児。外から帰ってきたら手洗い、うがい。忘れないように」
「うん、わかった」

 母親の言うとおり、洗面所で手洗いうがいを済ませて、さっさと自室に篭もる。制服から部屋着に着替えると、すぐにテレビゲームを始める。夕食までの時間はもっぱら、テレビゲームをしていた。夕食を終えて風呂に入った後もテレビゲーム。

 

 そして、一日が終わるのだった。

 

***

 

「ん? 何だこれ?」
 ソレを目にしたのは、学校が終わって家に帰ったすぐ後、パソコンに送られてきたメールをチェックしていた時だった。

 送られてきたメールには、新作スマホゲームのテストモニターに当選したと書かれていた。更に本文を読み進めると、開発中のゲームの内容の詳細が書かれていたり、開発画面の画像が添付されていたりしていた。読み進めた最後に、スマホへインストールするためのゲームデータがあるという、サーバへアクセスするためのURLが書かれていた。

 だがしかし、その新作ゲームの情報は僕が一切聞いたことの無いものだった。

 もちろん、知らない新作ゲームのテストモニターに応募した覚えもなく、何故自分のアドレスに当選メールが送られて来たのかは謎だった。更に不可解なのは、その新作ゲームのタイトルをインターネットで検索して調べてみたのだが、一切何も記載された記事が見つからなかった。

「まだ、開発中だから情報を公開していない、のかなぁ?」

 テストモニターとしての当選メールも、僕がゲーム情報を集めるために登録したどこかのサイトからの情報を辿って送られてきたのだろうか、という風に自分なりに納得できるような結論を思い浮かべていく。

 更に、情報を探っていく。新作ゲームの開発元をしているらしい会社については、僕も知っていた。何作か有名なスマホゲームを世に出した、結構有名な所だ。僕も、そこから出されたゲームを何作かプレイした経験がある。そして、結構面白かった記憶がある。

 けれど調べても調べても、やっぱりインターネットに新作ゲームの情報が出ていないことが気にかかっていた。もしかしたら、新作ゲームを騙った詐欺メールなのではないか。そのゲームをスマホにインストールしたら、個人情報を抜き取られるのではないか。そんな不安があった。

「メールを読んでみたら、結構面白そうなんだけどなぁ」

 僕は、メールに記載されたインストールデータのあると書かれたURLをクリックするかどうか、非常に迷っていた。ゲーマーとして、新作のゲームについて非常に気になる。メールに記載された内容も、読んでいるうちにプレイしてみたいという気持ちが、ぐんぐんと大きくなっていく。

 だがしかし、詐欺の可能性も非常に大きかった。その危険性が心配で、プレイするのに踏みけれなかった。

「うん、危なそうだから止めておこう。……でもなぁ、うーん」

 腕を組んで、メールを眺めながら悩みに悩んでいた。それから一週間後、結局僕はスマホに新作ゲームのインストールするのであった。

 

スポンサーリンク